みなさん、こんにちは!

 

 今回から、我々が日々の営業で必ず何度もお客様からいただく「運賃・料金」について考えてみます。これまでも既に「例外なし条文」の回で「運賃及び料金」の割戻しは例外なく禁止、また「認可を受けなければならないもの」の回でも、「旅客の利益に及ぼすものが比較的小さい料金=サービス指定予約料金はあらかじめ届出」以外は、「認可」が必要。「運送約款」の回では、運送約款に定めなければならないものとして学習してきました。復習も兼ねて、次の実際の問題を解いてみて下さい。

 

(平成287月 北海道運輸局より)

例題1  道路運送法に規定する運賃及び料金の変更認可申請は、個人タクシー事業者も行うことができます。

 

例題2  道路運送法の規定により運賃及び料金の割り戻しは禁止されているが、事業主でもある個人タクシー

事業者の場合は適用除外となっています。

 

例題3 運賃及び料金の収受に関する事項については、事業計画に定める必要はありません。

 

どうでしょう、解けましたか? 一応正解は、1 ○ 2 ✕ 3 ○ 大丈夫ですね!?  これらの視点以外からも「運賃及び料金」は、いろいろな形で問われるので、実際の出題から解説していきましょう。

 その前に、基本的なことを確認します。「運賃及び料金」ですが、「運賃」と「料金」の違いを説明できますか? あやふやな場合は、この先の前提になるのでしっかり覚えましょう。違いは、漢字の意味が示す通り「運賃」とは、旅客を「運送」して収受する「運び賃」、「料金」とは、「運び賃」以外でいただくものです。簡単にいえば、旅客が乗っているかいないかの違いです。

他の回で、既に「料金」を具体的に言うと、「料金 = 待料金、迎車回送料金、サービス指定予約料金、その他の料金」でしたね。「待料金」は、「ちょっとコンビニ行ってくるから待ってて」などで発生する時間メーター、「迎車回送料金」は、無線配車で旅客のいる場所まで向かう間の迎車メーター、サービス指定予約料金は、「日の時に予約したいんですが」などの「時間指定配車料金」、「ワンボックスタイプをお願いしたいんですが」などの「車両指定配車料金」、その他の料金は、ほとんど実態的なものはないですが、字句の通り旅客を乗せていない状態の「その他の料金」。どうでしょう、「料金」は全て旅客が乗っていない状態で発生するものですね。

 

 それでは、実際の出題を解いていきましょう。今までの回で学習してきた以外の「運賃及び料金」問題は、ほとんどこの「一般乗用旅客自動車運送事業の運賃及び料金に関する制度について」という通達から出題されています。根拠になる部分はすべてこの通達に書かれていますので、解説で触れているところを自分で探してみてください。

 

(平成283月 東北運輸局)
例題4 一般乗用旅客自動車運送事業の運賃の種類は、距離制運賃、時間制運賃、定額運賃とされています。

 

(解説)
 「運賃の種類」は、この3つに大分類されます。それぞれ通達には詳細な規定が決められていますが、「運賃の種類」と聞かれたら、この3つがすぐ出て来るようにしましょう。

 

(平成2711月 北海道運輸局)
例題5 時間距離併用制運賃は、一定速度以下の走行速度になった場合の運送に要した時間を時間制

     運賃で換算し、距離制メーターに併算します。

 

(解説)
 日々の乗務で「今日は高いわね!」とか「あら、いつもより安いわ!」と、みなさんもお客様によくこのように言われてしまう「時間併用メーター」のことですね。「距離制運賃」の定義に(時間距離併用制運賃を含む)とあるようにみなさんが日々体感しているメーターの上がり方の定義に関する出題です。
 正解は、です。実務を考えてみれば、渋滞などで上がるメーター額は「加算運賃(:90)」分ですよね。「加算運賃」は「初乗り距離(:2km)」を過ぎた後、「加算距離(:297m)」に達するとメーターが上がります。問題文は渋滞などでかかった時間を「加算距離」ではなく「時間制運賃」で換算して併算となっているので、になります。正しい条文のその部分は「要した時間を加算距離で換算し、距離制メーターに併算」です。法律的に表現されると難解になるだけで、実務通りなので「加算距離で換算」となっているかどうかで判断すればOKです。

 

(平成287月 東北運輸局
例題6 時間制運賃は、営業所(無線基地局を含みます。)において時間制運賃によるあらかじめの特約

    がある場合に適用します。

 

(平成287月 中部運輸局
例題7 時間制運賃は、営業所(無線基地局を含みます。)において時間制運賃によるあらかじめの特約

    がある場合に適用するので、観光地の周遊の運送には適用できません。

 

(解説)

「運送約款の特約とは」の回で触れた「特約」のひとつに当たる「時間制運賃」の定義に関する問題です。例題3は通達通りで、例題4は、通達で触れている「時間制運賃」の具体例「観光地の周遊」を否定しているのでです。出題者の意図は、「定額運賃」のひとつ「観光ルート別運賃」と「観光地の周遊」を混同していないか、ということでしょう。

 

例題8 定額運賃のうち、施設及びエリアに係る定額運賃の額は、定額運賃を定める定額運賃適用施設

  から他の定額運賃適用施設又は一定のエリア内への最短経路による運送に適用される通常の時間

  距離併用制運賃において渋滞等による時間加算を勘案した額によります。

 

(解説)

  「定額運賃」の問題でよく出されるパターンです。通達に、「最短経路による運送に適用される通常の距離制運 賃(時間距離併用制運賃において時間加算を行わない距離制運賃をいい、 遠距離割引を含むものとする )の額によるものとする」とある様に、「定額運賃の額」は、時間加算を入れない「距離制運賃の額」が基本と覚えればOKです。

 

 ここまで、運賃の種類別にその基本を問う例題を見てきました。この基本を問う問題だけでも、ここに挙げた以外の形でも様々な形で出されますが、まずはこの辺りを押さえて、通達を参照しながら問題をこなしてみましょう。次回も、分類しにくい様々な「運賃及び料金」を中心に実際の出題を挙げながら解説する予定です。

 

 今回も、ご覧いただきありがとうございました。